電脳戦

コンピューターに負けるな!

ここのところ、別サイトの更新作業に追われて放置プレイ気味な浪花くんのサイトですが・・
少し落ち着いてきたのでブログを書きます。

と言ってもネタ切れ状態なので、今回は電王戦についての感想を書いてみます。
電王戦って何?って方はグーグルで検索してみれば今話題になってますのでたくさん情報が出てくると思いますが、簡単に言えばプロ棋士VS最新コンピュータの将棋対決です。

ロボットと人間はどちらが優れているのか!?的な意地とプライドをかけた戦い。
と表現すれば、普段将棋に関心のない方でも興味がわくのではないでしょうか?

超簡単に歴史を振り返ると、数年前に女流の棋士がコンピューターに負けてます。
格式と歴史を重んじる将棋界では男性プロ棋士とコンピュータとの対戦を公式に行ったことはありませんでしたが、今まで男性棋士がコンピューターに負けたことはありませんでした。
だがしかし、先日亡くなった前将棋協会の会長の米長さんが、負けちゃいました・・
この方、チャレンジャーな男なので個人的には好きでしたが、負けちゃいました・・
そして最強プログラマー軍団の挑発に対して、現役の棋士軍団が「おのれ!オジキの仇とったる!」となったとかならないとかで、現在に至ります。
蛇足ですが、オセロ・チェスなどのボードゲームは既にロボットには敗北しており、日本将棋はまだコンピューターが人間を攻略できていない最後の牙城になっています。今回人間が負ければ、近々人間どもはロボットに支配されることになります。

そして人間(私)の誤算なのですが、分割してブログを書いてる間に電王戦が終わってしまいました・・(汗

ここまで書いてしまったので公開することにしますが、結果は一勝三敗一分けでコンピューターの勝ち越しとなりました・・・
プロ側の3勝か4勝を想定して記事を書き進めていたので、半分くらい削除してしもうたやないかい!コンピューターのバカチンが!!

ここ数日はTV・マスコミでも取り上げられるほどの話題にななってますし、ネット上では将棋マニアたちで議論の嵐になってますので、ここでは棋譜や勝ち負けではなく、別の角度から考えてみたいと思います。

まず今回の対戦にあたってのロボットの思考回路ですが、私のようなファミコン世代が思ってるような、カセットを本体にガチャッ!と差し込むような次元の話ではありません。
ゲーム機の将棋のゲームよりも携帯の将棋ゲームの方が強いのは、ファミコン本体にセットしたソフトのプログラムと戦うのに対して、携帯電話の場合は携帯自体はモニター&通信手段であって、こちらの指した手を電波で送信して送信先にあるコンピューターが分析・解析したのちに決定した差し手を返信してくるからです。(最近ではオンラインゲームなどでは当たり前ですが)

今回プロ棋士たちを苦しめたコンピューター軍団も同類で、対局室にあるメインコンピューターは目と口の役割だけで、プロの指し手に対しての次の一手は何部屋にもわたって何百台とクラスター化されたコンピューター軍団がフル回転で判断しているのです。
将棋には取った駒を使えるといった特殊なルールがあって、これが人間の感性や大局観にロボットが勝てない一因だと思われていましたが、先ほど言った何百台ものコンピューターがはじき出した答えをそれぞれ照らし合わせて多数決で決定(最終判断)するシステムだそうで、今回の結果を見る限りもはや人間の閃きや感性すらもロボットのアルゴリズムが凌駕したといっても過言ではないのかもと思わせます←イコールロボットに支配されるのですが。

この時点で「これは1対1なのか?」と疑問に思いますが、文句も言わず真っ向勝負を受けて立ったプロ棋士の方々には勝負師の姿を見た気がします。
勝負師と書いた側面には対戦を受けた経緯も含まれますので少し書いておきますが、どうみてもこの勝負は将棋協会(プロ棋士)には何のメリットもありません!
1000万程度のスポンサー料で協会と五人の棋士とで分配しても一人あたり数百万、下位プロなどは何十万で、負ければ現役プロ敗北の歴史を刻む屈辱を味わうことになるのですから・・(なりました)
大口の読売新聞だけでも年間何千万もスポンサー料を払っているのだから、そんなに困窮しているわけでもないと思うのですが・・やはり勝負師軍団なのでしょう・・

ともあれ、ロボットはどこへ向かっていくのでしょうか?
以前手塚治虫のブラックジャックで、自身を“医者”だと認識して、修理ではなく治療を要求するロボットが患者たちを人質にしてブラックジャックに手術させる、という話を見たことがありますが、手塚治虫は天才ですね!来年くらいにそんな世界が来そうな感じです(笑
この話、手術のために電源を落とさなければならない状況でロボットはブラックジャックを同じ医者として信用して身を任せる胸を打つシーンがありますが、反面機械に感情を持たせることへの危険性を考えさせられる場面でもあります。

第一戦で対戦したコンピューター“シュウソ”は、漢字二文字の中に“羽”と“生”が入っていて、打倒羽生棋士を目標に作られたプログラムだと聞きましたが、くれぐれも感情を持つようなロボットにはならないように願います(笑

1+1=2。
などの、100%の正解があればコンピューターに勝るものはありません。
よくSEOに関する記事も書いていますが、ユーザーに有益なサイトをアルゴリズムで判断している検索エンジンもより人間の思考に対応してきており、サイトを工作したり細工したり、ロボットを騙したりして上位表示させてきたサイトも年々排除され、ロボットに白黒つけられ・・羊飼いに飼われている羊のような気分のサイトオーナーが増えてきている状況も鑑みると、インターネット上の情報管理も今やほぼ無人でロボットに管理されているような状態です。

しかし、世の中には正解が一つでないものの方が多く、その場の雰囲気や感情や運で成功したり失敗したりすることもよくあります。
実際、世界最高峰のスーパーコンピューターを駆使してシュミレーションされた国家をも巻き込んだ超完璧だったはずのサブプライムローンも皆様ご存知のように、結果世界的な恐慌を巻き起こす事態になったことは記憶に新しいと思います。
先日、同業同士での居酒屋談義の時に飲食業の接客やらなんやらの話で討論になったのですが、100点の答えがあるならロボットが欲しいのですが100点の答えなどありません。
お客さんの、スタッフの、お店の歴史と、今を共有している人々の人生とロマンが交錯している“この瞬間”は、どんなにロボットが進化しても“共有”することも“再現”することもできません!

と、かっこよく締めたついでに先日亡くなられた米長会長の残した“人間”たる一言であり、斜に構えた私の大好きな言葉を紹介して、追悼の意とさせていただきます。

「兄たちは馬鹿だから東大に行った。私は賢いから棋士になった。」


関連記事
将棋相手募集中!



またね〜





最終更新日 H25/04/24
麺飯茶家浪花


記事にコメントを投稿できます。

お名前:

コメント:



コメント新着10件 (リンク先の記事に対してのコメントです)


1. travel2 お名前:私もホリデーいったことある 2017/6/14(Wed)19:42 MTE4LjE2LjEyMC4zNQ==
こんにちは。
前に私も当選していってきました。宝石屋やバス内の物はナニも買わず、土産物屋で食べ物系だけ買ったのですが、本日別のとこで応募したのが当たったって葉書きましたw
ペイが少なそうな店でしか買わなかったのですが、また当たるとか、やっぱ年齢ですかねw

2. tabelog お名前:yano 2017/4/22(Sat)15:23 MTIxLjU4LjE4MS42NQ==
私も飲食店を経営してまして
とても共感できます

法律、理屈うんぬんではなく

単純に
食べログや当たり前に写真パシャパシャとって
投稿する輩に腹が立ってます

しかも食べログや口コミサイトなんて
書くやつもどーせ
身内や友達のやってる店には評価甘くなるんでしょ?

クソくだらない

口コミサイトなんて
なくなればいいです

3. tabelog3 お名前:匿名 2017/1/9(Mon)22:03 MTQuMTIuMTM1LjE2MA==
裁判で、コントロールする権限がないみたいなことを言われたらしいけど、裁判が間違っていると思います。 がきすぎる裁判だと思う。 コントロールとかまったく無責任な発言だと思います。
公の場でまずいと言われれば、営業妨害だと思う。公で言うことじゃない。裁判も焼きが回っているのでわ。
まずいと宣伝しているようなもの。それを、公で、本人にも言ってるんだから、言われた側が出てくるのは当然だと思います。
ただのいやがらせ。いやなラ来なければいいと思います。見ている側と、書いた側の意見しか反映されていない。書かれてる側の気持ちは全く考慮されていない。裁判に時代の幼稚さを感じます。

4. tabelog3 お名前:comment 2016/12/14(Wed)13:44 MjE5Ljk2LjQ2Ljc5
4travel(フォートラベル)というカカクコム運営で、食べログと同じ様に旅館やホテルを無断で掲載しているサイトがあるのですが、
口コミに加えブログ掲載する機能まであり、中には大浴場、建物の裏などのバックヤード、備品の型番をネットで検索して料金を記載した記事や写真までアップされてしまっている施設すらありますよ…。
何を目的としているのかわかりませんが、いつ誰が裸で入ってくるかわからない温泉や浴場にスマホ含むカメラを持ち込むなど、カカクコムは運営の質も低いですが、ユーザーの質も本当に下衆な方が多いですね。

5. tabelog3 お名前:けん 2016/10/28(Fri)23:34 MTEzLjM0LjEwMC4yMjc=
当店はとても小さな店で常連さんを中心に細々と展開しているお店なのですが食べログに良い評価ばかりがのる為通りすがりのお客様が増えて困っており、削除依頼を何度もしているのですがしてもらえません。仕方ないので最近会員制のお店にしたのですがそれでも削除をしようとしない悪質な業者です。なんとかできないものでしょうか。

6. comment お名前:あん 2016/10/11(Tue)10:56 MTA2LjE1NC4xMDkuMTg2
私も食べログを初めとするレビューサイトは嫌いです。
接客や味が気に入らないからといって酷評(笑)をする自称評論家。
何様なのでしょうか。
良いことも悪いことも相手の顔を見てはっきり伝えるべきだと思います。

そのお店が繁盛すれば「私の評価のおかげ」
そのお店が閉店すれば「私はアドバイスしてあげたのに」

相手にするのも馬鹿馬鹿しい。

7. tabelog3 お名前:いち客人 2016/8/30(Tue)19:05 MTE0LjE4OC4xMTAuMTg3
私は飲食店にとっては客側の者ですが、食べログなんてものは全く信用していません。
だいたい、あんなところでグルメ評論家ぶってる暇人の戯言など、読むだけ時間の無駄ですから。
それと、外食時に食べログやブログ、ツイッターやFacebookに載せるためか知りませんけど、あほ面晒してスマホでパシャパシャやってる連中がいると、本当に不愉快です。
いいから黙って食ってろと思いますね。

8. tabelog お名前:反食べログ 2016/3/20(Sun)20:43 MTExLjEwNy45MS4xODA=
アンフェアですよね、店側は住所店名(時には氏名も)電話番号も公開されているのに書き込む側は全くの匿名ですから。
書き込んだ人を評価してみたいですよ、その人がどんな職場でどんな働き方をしているのか。
表現の自由があるなら評価されたくない自由もあるはずだと思います。
ブロガーも似た者で、名古屋にランディとかいうレストランの人気ブロガーがいますが自身レストラン経営を失敗しておいて他店を
ものすごい上から目線のコメントで評価してるのがなんも不愉快です。しかも高級店では昼の安いランチを食べてその店の全てを見切ったような書き方ですから呆れます。

お店の皆さん、本当に美味しくて心からのおもてなしをされていれば本当の口コミでいいお客様がまたいいお客様を紹介して下さりますから負けずに頑張って下さいね!

9. tabelog お名前:nuka 2016/3/20(Sun)00:40 MTgwLjMwLjIxMC41OQ==
食べログ様への掲載は許可しておりません。という文言とともにアルファベットの羅列等で荒らされているページがあったから「何じゃこりゃ?」と思って調べてみたらこういう事だったんですね。
まさか許可をとらずに掲載しているとは思いませんでした。
しかし、そう言われてみると確かにホットペッパーと比べると店ごとの店舗情報(口コミではない)の差が大きいし、そもそも掲載されている事も知りませんなんて人も多いでしょうね。
正直、「長崎人好みの味でまずい」というレビューを見て以来、食べログのレビュアーにはむかついてましたし、これを機に食べログを使うのをやめます。
いくら店側が抗議しても便利だからという理由で食べログを使い続ける人が減らなかったら問題は解決しないと思いますので。

10. tabelog3 お名前:れっくす 2016/2/9(Tue)10:07 MjcuMTE0LjEyNS4xMjc=
熱田の星
  ↑
なるほど、こういうバカが書き込んでるのか。
納得(笑)
 

コメント62

全部見る(100件まで表示)

管理人へのコンタクトはお店に遊びに来ていただくと喜び〜です。
(遊びに来れない人はからメールを送れます。)
管理人の独学での検証・考察を記事にしておりますので、間違った解釈があった場合にはご指摘いただくとなお喜び〜です。

TOPへ戻る