個人サイトのアクセス数の平均データ

年末からPHPプログラムを組み始めてから、コンテンツメインでのサイト構築に目覚め「SEO脳」から脱却しつつある店主です。
相変わらずアクセス解析は日課のようにチェックしていますが、先日グーグルアナリティクスのユーザー数が訪問数を上回る不具合(バグ?)がありました。
気になっていろいろ調べてたところ、ブログ(個人サイト)のアクセス数の統計データを発見!
毎度のことながら横道にそれましたが、数字を拝借してきたのでサイトの自己評価してみた。

3年程前のデータだけど、ツイッターやwordpressなんかも定着してたからそんなに誤差はないでしょう。
最近はブログとかSNSやってる人も多いと思うんですけど、やまびこ状態で気持ちが折れるケースをよく見かけます。
アクセス数でサイトの反応と↓のデータで平均的な立ち位置を把握するとやる気が復活するかも。

(個人ブログのアクセス数と割合)
分らない・ほぼ0 26.3%
1〜5程度 24.2%
5〜10程度 11.2%
10〜50程度 19.0%
50〜100程度 9.0%
100〜200程度 5.8%
200〜500程度 3.1%
500〜1000程度 1.0%
1000〜2000程度程度 0.3%
2000〜5000程度 0.3%
5000以上 0.1%

8割以上が50アクセス以下で折れ線グラフにしたらマルチ商法かプロ野球選手の年棒みたいになりそう・・(笑

現在、私の運営する居酒屋関連サイトのアクセスが100前後/1日なので、当てはめてみるともう少しで上位1割グループに入れそうな勢い(・へ・)
別運営でアクセス300/1日のサイトもありますが、これはポータルチックなコンテンツなので対象外。
ムフフなサイトやアンテナサイト、ニュースまとめサイトなんかもアクセストレード命なので対象外。
アメブロの自動ペタや1日中徹夜で手動ペタしてる人も対象外。

ニュースサイトやポータルサイトで1日10000〜アクセスとか謳ってるサイトとかもありますが、実はページビューだったり無理矢理飛ばして飛ばされて仲間内でアクセス稼ぎしているケースがほとんどなので、軽く無視した方がいいでしょう。

『分らない・ほぼ0』が26.3%ってのが妙に現実的な数字で、
「やっては見たものの反応ないし何人来てるのか見てるのか見てないのか分かんないから辞めた。」
というのが多いような気がします。
もう一つはブログは書き続けなければならないという宿命を背負ってるので、最初は頑張って書いててもやがて強制労働のような苦痛を感じてやめてしまうケースも多いのではないでしょうか?
実際、私のサイトにも時たまリンクしてくれるブログがありますが、最初はトップページからのリンクで相手様サイトから一気に数十からのアクセスが来てても一週間もすると消滅したかのように途絶えます。
ブログに関しては鮮度と内輪でのアクセストレードの要素も加味して判断しないといけないので、アクセス“数”だけでは一概に多い少ないとは言えないから運営会社やユーザーがある程度装飾できるのも「よく分かんない」理由の1つでしょう。

アクセス数と並んで重要なのが「平均ページ滞在時間と」「平均ページビュー数」で、この記事程度の文章で1分前後滞在していてくれれば十分内容を読んでくれていると判断できます。
ページビューが1ページ以上あれば他のページにも興味を持ってくれていると判断できますが、直帰率が85%を超えて入れば「見に来て損した!」と思われてる可能性大なのでコンテンツの見直しが必要かも。
たまに滞在時間25分とかあるのですが、たぶん画面の前で放心状態なのでしょう。

サイトコンテンツによっては需要と供給があるのでアクセス数だけにこだわる必要はありません。
私の運営する記帳代行・簿記講座のサイトは1日10弱のアクセスですが、コンスタントに問い合わせもありますし「高松市&記帳・簿記」関連キーワードでも大体検索結果はTOPで表示されてるのでこれ以上手を加える必要も特にはありません。
逆に何十万もかけて作った企業サイトが1日1アクセスあるかないかで放置プレイになってるケースもよく目にしますが、これはもったいないですね・・。

基本的に『アクセスアップ〜アクセスアップ〜』とまじないのように叫んでいるのはアフィリエイト目的のサイトで、1人でも多く呼び込んで『1click〜1円〜』の変化形が『アクセスアップ〜アクセスアップ〜』となったものです。

個人的な意見としては趣味サイトとか個人ブログはアクセス10〜50程度の時期が一番楽しくて、
「あ、今日は1人増えた!」「あ、今日は2人増えてる!」ってな感じでルンルンです♪
今は立ち上げ三ヶ月目の“ぼっちレーシング”さんが四国を走り回ってる四国の風景掲示板が徐々にアクセスアップでオモローなのです。

そんな感じで・・

追記:
6/12 アクセスとサイトのイメージについての記事公開しました。


関連記事
履歴を残さずサイト閲覧 シークレットモードだからってストーカーになるなよ!!
タイピング練習無料サイト集 打鍵サイト集めてみた。タイピング記録サイトで日々精進!
アクセスとサイトのイメージ アメブロとか平均アクセスとかアナリティクスとか黒いブーツとか・・
ブログタイトルの重要性
文字コードで発狂寸前
お取り寄せフォームつくった
緩めのスパム投稿対策プログラム
PHP・サンプルソースエロエロ
PHP・ブログ自動投稿プログラム
PHP・新着コメント自動表示プログラム
必殺!ペタ地獄
サイト診断してみた
検索ワードを察知すべし

SEO・プログラムに関する記事一覧


最終更新日 2014/1/25
麺飯茶家浪花
香川県高松市林町1511-1


記事にコメントを投稿できます。

お名前:

コメント:



コメント新着10件 (リンク先の記事に対してのコメントです)


1. tabelog3 お名前:店主 2019/8/4(Sun)15:55 NTkuMTU2LjcyLjE5OA==
食べログの評価を評価するサイト、ぜひ作って下さい!
私も同じこと考えていました。
全国の同志たちでさぞかし盛り上がることでしょう(*^_^*)/

2. tabelog3 お名前:店主 2019/8/4(Sun)15:55 NTkuMTU2LjcyLjE5OA==
食べログの評価を評価するサイト、ぜひ作って下さい!
私も同じこと考えていました。
全国の同志たちでさぞかし盛り上がることでしょう(*^_^*)/

3. tabelog3 お名前:店主 2019/8/4(Sun)15:55 NTkuMTU2LjcyLjE5OA==
食べログの評価を評価するサイト、ぜひ作って下さい!
私も同じこと考えていました。
全国の同志たちでさぞかし盛り上がることでしょう(*^_^*)/

4. tabelog3 お名前:店主 2019/8/4(Sun)15:55 NTkuMTU2LjcyLjE5OA==
食べログの評価を評価するサイト、ぜひ作って下さい!
私も同じこと考えていました。
全国の同志たちでさぞかし盛り上がることでしょう(*^_^*)/

5. tabelog3 お名前:店主 2019/8/4(Sun)15:55 NTkuMTU2LjcyLjE5OA==
食べログの評価を評価するサイト、ぜひ作って下さい!
私も同じこと考えていました。
全国の同志たちでさぞかし盛り上がることでしょう(*^_^*)/

6. tabelog3 お名前:店主 2019/8/4(Sun)15:55 NTkuMTU2LjcyLjE5OA==
食べログの評価を評価するサイト、ぜひ作って下さい!
私も同じこと考えていました。
全国の同志たちでさぞかし盛り上がることでしょう(*^_^*)/

7. tabelog3 お名前:店主 2019/8/4(Sun)15:55 NTkuMTU2LjcyLjE5OA==
食べログの評価を評価するサイト、ぜひ作って下さい!
私も同じこと考えていました。
全国の同志たちでさぞかし盛り上がることでしょう(*^_^*)/

8. tabelog3 お名前:店主 2019/8/4(Sun)15:55 NTkuMTU2LjcyLjE5OA==
食べログの評価を評価するサイト、ぜひ作って下さい!
私も同じこと考えていました。
全国の同志たちでさぞかし盛り上がることでしょう(*^_^*)/

9. travel2 お名前:ホリデー大好きっ子 2019/2/17(Sun)00:36 MTIzLjIxOS4xNjEuMjA=
私はホリデーの無料バスツアー、大好きでいつも楽しみにしています。宝石も一つずつ集めていくのが楽しみです。バスの中では、色々なお菓子を用意してくれているし、運が良ければ食べ放題・・・おなかいっぱいで幸せです。そしてなんといっても、宝石店での時間2時間余りが少ないくらい~。お店の人がとても優しくて、気分よく買い物できます。このツアーのことを悪く言っている人がいるのが、とても悲しいです。無料なんだから、文句は言えないのでは?楽しく過ごすのなら、買い物するのが一番!買う気がない人たちと一緒にいるほうが、私まで気分悪くなってしまうので、こちらがご一緒遠慮したいです。

10. tabelog お名前:通りすがり 2019/2/8(Fri)03:46 MjIxLjMwLjIxOS4xMzA=
訂正です。

投稿名:あすたん(間違い)→あすんたん

です。


コメント75

全部見る(100件まで表示)

管理人へのコンタクトはお店に遊びに来ていただくと喜び〜です。
(遊びに来れない人はからメールを送れます。)
管理人の独学での検証・考察を記事にしておりますので、間違った解釈があった場合にはご指摘いただくとなお喜び〜です。

TOPへ戻る